SOU

JP / EN

SOU

トップメッセージ

株主・投資家の皆さまへ

 株主・投資家の皆さまには、SOUの活動にご理解とご支援を賜り、心より感謝申し上げます。

 私たちは「そうきたか!をつくる。」をミッションに掲げ、他に追随するのではなく常に世の中に「驚き×納得=そうきたか!」を与えられるような企業であることを念頭に、事業活動を展開しております。現在、リユース業界においてブランド品や貴金属、骨董・美術品の買取・販売を行っておりますが、買取店舗にて一般のお客様から買い取った商品を自社内で修理・検品し、主に自社開催のオークションにて国内外の業者様に卸販売を行う、独自のビジネスモデルを構築しております。また、これまでの買取店舗のイメージを覆す明るく洗練された店舗づくりや、SNSを利用した査定サービスを導入、さらには過去から現在までの持ち物の価値を見える化し、モノを資産として管理するアプリの運営など、リユース業界の常識に捉われない新たな発想で事業を拡大してまいりました。

 近年、フリマアプリやインターネットオークションの普及により、「リユース」という概念は消費者にとってより身近になっており、「リサイクル通信中古ビジネスデータブック2017」(株式会社リフォーム産業新聞社)によると、その市場規模は今後も拡大していくものと推計されています。このような環境化において、さらなる成長の実現と、リユースを生活の中でより身近なものにしていくために、次の3つの項目を戦略の中心に据え、活動を推し進めてまいります。

①買取拠点拡充による当社コアビジネスのさらなる拡充
事業計画に基づき国内における買取店舗の新規出店を継続することで、商品仕入れの増加とこれによる売上増加を目指します。

②資産管理アプリ「miney(マイニー)」による潜在顧客へのアプローチ
2017年に運営を開始したモノの価値を見える化するアプリ「miney」により、モノの価値も日々変動することを知らせ、実物資産としての管理を提案するとともに、まだリユースを利用したことの無い方やモノの価値変動に気づいていない潜在顧客へのアプローチを行ってまいります。

③海外ビジネスの強化による新たな成長の柱の構築
現在、香港で開催しているオークションによる海外での売上比率拡大、また海外におけるリユースの普及促進に向け、海外でも人気のリユース商材に着目した海外での卸販売のジャンル拡充に取り組んでまいります。また、日本での商品仕入れ、販売のノウハウを軸に、海外でのビジネスモデルの構築を目指してまいります。

 私たちは、株主・投資家の皆様をはじめ、すべてのステークホルダーの皆様とともに成長を実現していけるよう、事業のさらなる拡大、企業価値の向上に努めてまいります。
 今後とも、より一層のご支援を賜りますよう、宜しくお願い申し上げます。

株式会社SOU
代表取締役社長 嵜本 晋輔

本日の株価
本日の株価